諜報員は重宝??


さて、JIIEMAの情報を集めていたけれど、アホ情報にしかなっていないグループが

あったことと思います。


『 頭が悪いと 理解できず、情報だって正反対になることがある 』


それを、学校で学び 卒業し、大卒資格があるにもかかわらず、

専門の卒業資格を振りかざし、「自分は正しい!!」と

押し通し、「まったくちがった!」ってこと あったかと思います。 d- - b


それ、全部 「ごめんね」ですまないんですけれどね。。



「諜報員」と「工作員」は 別になっていますが

実際は おバカ にしかなってなくて、全員「工作員」状態なのは目に見えています。

そのため、情報の収集の仕方を一歩間違えると 犯罪者にしかなりません。

( 表には出ないけれど、殺されている人はいるようです )



諜報員が集めた情報を公開しないと 間違っているかどうか わからないというのが

現実だと思います。

なぜ 諜報機関はあるのか? 「スパイになりたい!」って人がいるからですよね。

それこそわたしには クレージーにしかみえません。



そのため、こういう本もあくまで参考にしているだけですよ。

Facebook でも、以前紹介したのですが

こちらでも 紹介しておきます。


戦後、どのような職業についたのか とか載っています。

一旦 消えた有名企業 (銀行)などもありますが、この人、その出身の人だったのね☆

とかも知ることができました。


ほんとに頭取がワルだったからかは、現在のその銀行をみなければ

わかりませんけどね。



日本社会は日々 戦っているんですね。  d^^b





0コメント

  • 1000 / 1000